MATSUMOTO KATSUHIRO BLOG

知っているか?

こんばんわ◎

突然ですが。

皆さんは「モアリズム」と「アンチムジカ」というバンドを知ってますか?

知らないという方。

聴いた事無いよって方。

そもそも、よくわからないって方。

は、是非聴きに来てください!

と言った訳でまたまた、また、素敵なライブに誘ってもらいましたです。

ジュリちゃんありがとう!

もーね。

多くは語らんでよかろ。

来ればわかる。

聴けばわかる!

そんな日にしよう。

因みに多分この日、
「ぺぺ伊藤」と対バン??

・・・。

来ればわかるさ!

予約はinfo@katsu-hiro.com、または以下の問い合わせ先まで!

只今より受付開始ですたぃ。

おいでよ☆


"LUV MUSIC vo.3"
□2009.5.14(Thu)@cafe galleria<中央区大名2-1-50-2F>
□Live:モアリズム / 松本かつひろ / アンチムジカ
□open 19:30 / start 20:00
□adv.¥2,000 / door¥2,500(要1drink order)
□ticket 092-751-2189(ガレリア) / Pコード:321-919(チケットぴあ/ファミリーマート)
※ライブ当日、お食事ご希望のお客様は先着順でテーブル席へご案内致します。(お食事代別途)


+++モアリズム+++
http://www.morerhythm.net/
http://mixi.jp/view_community.pl?id=2141447(九州支部コミュもあります)
全作詞作曲を手がけるナカムラ(Vo&Gt)は、現在は珍しくなくなった日本語詞と黒人音楽との融合における先駆け的存在であり、その豊富な知識と天才的完成に加え、独特の歌声と存在感でミュージシャンの中にもファンは多く、独自の目線で彼の日常を綴るブログ「ナカムラ」日記も愛読者多数。
'97年結成のカリフラワーズは、今最も注目される女性映画監督西川美和のデビュー作「蛇イチゴ」(主演/宮迫博之)から、同監督の全作品の音楽を担当し、多岐にわたる活躍をするも、'07年公開の「ゆれる」(主演/オダギリジョー)で一躍脚光を浴びていた渦中にナカムラは突如「唯一無二のリアリティを求める為」と、電撃解散を宣言。
カリフラのドラマーだったピストン川原と共にモアリズムを結成し、カリフラの初代ベーシストであり「ゆれる」の劇中歌ではピアニストとして参加していた清水エスパー光一が満を持して加入。3ピースとなる。
'08年アルバム「Rhythm&Blues」完成、全国各地で93本のライブを敢行する中、今年初夏公開予定の西川監督待望の新作「ディアドクター」(主演/笑福亭鶴瓶、瑛太)の楽曲製作や自主イベントなど精力的な活動を続ける。
ライブで魅せる予測不能のエンターテインメント性溢れるステージパフォーマンスと、映画音楽としての映像と音の融合への繊細なこだわり。幅広いサウンドの可能性を表現し、映画公開前に、各方面から注目を集めていた'09年初頭、福岡で活躍していた"ちょい濡れボーイズ"の「黒いダイヤモンド」と異名を取る凄腕ギタリスト、アントニオ佐々木が電撃加入。何かと話題が尽きる事を知らないバンドである。エスパー以外の3人が九州出身というサウンドもキャラも最強の4人となった彼らは現在アルバム「笑う花」製作中。


+++アンチムジカ+++
http://oval.moo.jp/muzica/
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3683858
brancoのメンバーとして活動していたコンポーザー/ギタリストの海雲賢司ソロユニット。'04年、アンチムジカ名義で弾き語りを始める一方、ギタリストとしても今野英明、ari、SKA☆ROCKETS等のサポートもつとめる。
'06年、更なる音楽的欲求を満たす為、バンド形態での活動を開始し、AOR的なアレンジとサウンドで、聴くものを心地よい空間へと導き、オリジナル曲の素晴らしさに加え、カヴァー曲もアンチムジカのフィルターを1枚通すと原曲をしのぐ程のオリジナリティある楽曲へと変化する。(個人的に「UFO/ピンクレディー」「DIVA/アマドリ」のカヴァーは身悶えるほど好き。)
薬院レコードから発売中のコンピ「7つ」に参加後、'07年待望のアルバム「アネモネ」を発表。ライブ活動も精力的に行う。今回は、伊藤ぺぺ(Gt)と武骨サプリメントよりONY(key)がサポートメンバーとして参加。


c0151756_0134714.jpg
c0151756_0152554.jpg

[PR]
by midatree | 2009-04-04 00:16 | Live