MATSUMOTO KATSUHIRO BLOG

<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

人生はやっぱりハッピーであるべきだ

先日、リハーサルに向かうバスの車内で「誰も知らない歌だけど」を口ずさんだ。
なんだか、心に沁みたものがあった。

周知の通り、2011年3月11日におきた出来事は日本はもとより世界を震撼させる日となった。
そこに至っては僕自身も相当の衝撃を受けた。

連日繰り返される報道、途切れない不安感、友人知人への心配、矢継ぎ早に様々な感情が駆け巡る。
だけど、その全てにどこかリアリティーを感じきれない自分がいた。

決して人ごとだとも思ってないし、切迫した状況である事は百も承知しているんだけど、
悲しいくらいに僕の周りは普通だった。いつもと同じ様に朝がくるし、いつもと同じ様に家族や仲間と顔を会わす。

とはいえ、現実問題としてソレは起こっているし、未曾有の悲しみは誰の心にも存在している。わかってる。でもどっかわかってない。そんな感情を正直抱いていた。

僕は「歌うたい」なので、やっぱり歌を歌う事しか出来ません。とは、何故か素直に思えなかった。言えなかった。改めて自分の捻くれた性分が嫌になった。

でも、3/19のライブのリハーサルに向かうバスの中で、口ずさんだ自分の歌が、そんなモヤモヤした捻くれた感情や言葉を吹っ飛ばしてくれた。

Ride on LifeやTogetherや、人生はハッピーであるべきだ、自分で作った自分の曲たちが教えてくれた。

歌っていいんだ、って思った。
というより歌いたい、って思った。

届くとか、届かないとか、じゃなくて、必要だとか、必要じゃない、とかでもなくて、ただただ歌おう。それだけでいいやん、って思えた。

3/19の佐賀と3/26,27の唐津のライブ冒頭のMCで伝えたかったけど、うまく伝えきれてなかった言葉をここに書きました。

これから気が済むまで、この想いをもって歌を歌います。

歌を歌える自分に感謝、
そんな自分をいつも支えてくれている人たちに感謝します。

がんばろう。

人生はやっぱりハッピーであるべきだ!
[PR]
by midatree | 2011-03-29 00:08 | Diary | Comments(2)

旧唐津銀行

c0151756_17513288.jpg


明日3/26(土)と明後日3/27(日)の2日間、
故郷唐津で行われるイベントに出演させて頂きます。

会場となるのは明治45年に建築された「旧唐津銀行」という場所で、
建築監修は日本に名だたる唐津出身の建築家「辰野金吾」さんという方です。
この辰野さんはかの日本銀行やその他日本を代表する様々な建物を建築されている方なんです。

そんな素晴らしい会場を今後の唐津市の文化発信の場所にしていこう!というテーマのもと、
今回のイベントが開催される運びとなりました。

関係者各位の方々の並々ならぬ熱い想いに、
僕も否が応にも気合いが入ります。

イベントの詳しい場所や時間、スケジュール情報は→http://karatsu-bank.jp/をご覧になってください。

当日は音楽だけでなく、いろんな催しが行われるみたいですので、
十分に楽しめるはずですよ!お時間ある方は唐津まで遊びにきてくださいね。

*ちなみに僕は3/26、3/27ともに出演します。
[PR]
by midatree | 2011-03-25 17:53 | Live | Comments(4)

今年初の佐賀ライブは楽しい夜になりそうだ

c0151756_17455394.jpg


今年最初になる佐賀でのライブ。

湘南から端山龍麿さんという熱いシンガーを迎え、
友納謙が主催する「OWN WAY」というイベントに参加させてもらいます。

佐賀の皆さん、
この日のライブはヤバいですよ。

聴かんと損っ!

楽しい夜になりそうだ。

是非とも遊びに来てください。


2011年3月19日(土)
「OWN WAY」
場所 3Rise(佐賀市愛敬町3-26愛敬ビル3F)http://wasabi.tv/?p=446
時間 開場19時/開演19時30分
料金 2,000円(要1ドリンクオーダー)
出演 端山龍麿+大澤イット+上原"ユカリ"裕/松本かつひろ/友納謙
問合 0952-27-2727(3Rise)




■端山龍麿(ボーカル/ギター)
c0151756_17485492.jpg

バラードを歌わせたらピカイチのシンガーソングライター。アコギ1本で独特の世界に引き込む歌唱力、歌心あふれる楽曲はまさに龍麿ワールド。日本の各地を唄い巡る旅は地道ながらも会場を増やし続け今も続行中。



■大沢イット(ベース)
c0151756_17493860.jpg

クレージーケンバンドのギタリスト、ノッさんの「小野瀬雅生ショウ」をはじめ宇崎竜童、KONISHIKI等数々のライブやレコーディングに参加。体全体から繰り出されるメロディアスなベースラインは圧巻。



■上原"ユカリ"裕(ドラム/カホン)
c0151756_17503362.jpg
大瀧詠一、シュガーベイブ、井上陽水、高中正義、沢田研二&エキゾティクス、忌野清志郎ラフィータフィー、金子マリ等、そのキャリアは語り尽くせない日本ロック界を代表するドラマー。このユニットにはパーカッションで参加。
[PR]
by midatree | 2011-03-03 18:01 | 未分類 | Comments(0)