MATSUMOTO KATSUHIRO BLOG

<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ワインとライブー♪

さてー、8月も怒濤のうちに終わろうかとしています。

最近は、本当に色んな意味でバタバタしていますが、有り難い事であるとも同時に感じている今日この頃です。

と、来月9月の始めに久留米でライブがありますのでお知らせします!

「サリーチェ」というイタリア料理店で、料理が美味しいのはもちろん、このお店はワインの品揃えがハンパないんです☆

そりゃーもー、美味、珍味(w?)様々なワインを堪能出来ます。

そんな美味しいお酒とともにライブです。
今回、選曲もちょっと大人チックですw

よければ遊びにきませんか?

よろしくお願いしますm(_ _)m

c0151756_714558.jpg


2012年9月3日(月)
「ワインとライブの美味しい時間」
出演 松本かつひろ
場所 Salice サリーチェ(久留米市日吉町28-7)
時間 開場19時/開演20時
料金 2,500円(1drink付)
予約&問合 0942-38-5905(サリーチェ小柳)
[PR]
by midatree | 2012-08-25 07:02 | Live

「辻利恵 凱旋帰国LIVE2012」

c0151756_2401895.jpg


今年38歳を迎えた(しつこい。。)僕へ、
神様からの最高のプレゼントが届きました。

それは「辻 利恵-Rie Tsuji-」という素晴らしい女性アーティストとのコラボレーションです。http://riesugarcafe.buzzlog.jp/

現在、あの「ビヨンセ」の専属キーボディストとして、文字通り世界を股に掛けて活躍している利恵ちゃん。

そんな彼女の凱旋ライブに、光栄にもゲストボーカルとして参加させてもらう事となりました。

現在NYに拠点をおいて活躍している彼女は、ビヨンセのみならず、世界の様々な著名なミュージシャンやアーティストとライブやツアーを重ねています。

気さくで飾らない人柄の彼女と接していると、本当にピンとこないんですがw

特に僕的にビビったのは!大好きなR&Bシンガー「エリック・ベネイ」のキーボディストとして世界ツアーをまわってたり、今も普通に親交がある、というじゃあーりませんか。。

なんとも羨ましい、、というか、マ、マジすか!?って感じなのですw

僕からすれば言うまでもなく、雲の上にいるような存在の彼女なのですが、せっかくなんで、そんな世界のミュージシャン達に胸を借り、なーんも考えず、精一杯ライブを楽しみたいと思っています☆

で、今日はなんとっ!そんな利恵ちゃんの実家にて、お父さんや妹さんや、でっかい猫がいる中で、、、リハーサルしてきました。※写真はリハーサル後のもの。僕の顔があまりにも浮かれてて醜かったんで自粛しました orz

ここ連日、メディアへの出演やらなんやらで引っ張りだこの利恵ちゃん、明日にはまた日本を発つという事で、多忙を極める中ご足労いただいて、本当にありがとうございました。

ライブはまだ若干チケットがあるということなので、
もし興味のある方は、是非是非!この日、会場に足をお運びください。

一緒に最高のライブを体感しましょう!

僕もせっかくなんで久々にR&Bシンガースイッチを入れて歌ってみようかと思っています。ワクワク、ドキドキ、っす☆

それでは皆さん、
何卒よろしくお願いします!


「辻利恵 凱旋帰国LIVE2012」

(日時)
2012年8月31日(金)・9月1日(土)
開演19:30(開場19:00)

(場所)
浪漫座(佐賀市柳町2-9佐賀市歴史民俗館旧古賀銀行内)

(交通)
佐賀市営バス「呉服元町」バス停から徒歩約3分
九州自動車道「佐賀・大和」ICから約15分

(料金)
前売 3,500円
当日 4,000円 ※ワンドリンク付き

(問合せ)
浪漫座 0952-24-4883

(申込み)
要予約 10:00~17:00
0952-24-4883
[PR]
by midatree | 2012-08-17 02:41 | Live

右往左往

c0151756_12595912.jpg


先日8/4で、めでたく38歳になりました。

みなさま、こんな私めに沢山のお祝いの言葉や諸々、
本当にありがとうございますm(_ _)m

若かりし頃の僕の予定では、すでに時代に刻まれる偉業を果たして、とっくに寿命は尽きているはずだったんですが。。。

まだ偉業どころか、生業における営業すらままならんみたいでしてwww

まだこうして、のうのうと生きていますー。

そんなおり、改めて「右往左往」している人生だなーとしみじみ感じる日々ではありますが。。

よくよく考えれば、こうやって右往左往するのも、振り子に例えれば、そこには「軸」がある訳で。

その「軸」があるからこそ、
揺れながらも、芯はブレずには動いて、生きていける。

自分にとってのその「軸」がなんのか、というのが38歳にして、ちょびっと気づけたような気はしています。(意味不明すかw?)

ソレを起点に、右左。

揺れながら。

自分らしく。

そんな1年にしていければとおもっています。

それではこれからもどうぞ、
よろしくお願い致します。



松本かつひろ
[PR]
by midatree | 2012-08-06 13:00 | Diary