MATSUMOTO KATSUHIRO BLOG

タグ:MUSIC ( 42 ) タグの人気記事

夏の終わりに

今朝もほどよく涼しくて、心地よいですね。

先週末に突然体調を崩したものの、
なんとか復活しました。よかったー。

さぁ、今日からまた頑張らねば!っす。

そーいえば、
昨夜は佐賀浪漫座にてマエダケンタロウのワンマンライブが開催されていたので足を運びました。

非常によいライブで、僕も色んな刺激を受けました。

と、昨日と言えば、福岡では確かサンセットライブが最終日だったはず。
きっとおおいに盛り上がったんでしょうねぇ。

サンセットライブも年々ビッグイベント化してきて、
もはやちょっとやそっとのミュージシャンは出演できなくなってきてるみたいですが、
おもえば僕も数年前「SO.」の頃に何回か出演させて頂いた事もありました。

その当時に作った「夏の終わりに」という曲を毎年この時期に唄うのも、
もはや定番化してきているようです 笑

今年は特にギラつく日差しが目立った夏ではありましたが、
過ぎ去ってしまえば、それはそれでどこか寂しいもんですね。

来年の夏には、また色んな思い出が生まれんのかなー。

と言った訳で「夏の終わりに」の、
数年前に録音したリハーサル音源を偶然発見したのでアップさせて頂きます。

歌詞の内容といい少々メルヘンではありますが、
思い出深い1曲です。

よかったら聞いてください♪






「夏の終わりに」

つないだ手は少し汗ばんで
途切れかけた会話 君との帰り道

テレた僕を茶化す波の音が
胸よせる想いごとさらっていく

きっとどこかで知らない誰かも
同じ様な事想ったり言い聞かせたり

夏の終わりに君に恋をする
あどけない笑顔ではしゃぐ仕草が妙に気になる
永く果てなく募る愛しさに
あとどれ位僕は君を好きになっていくんだろう
誰か教えて・・・

もうTシャツじゃ少し肌寒いね
渚を揺らすのは気だるい潮風

やがて空は不思議なグラデーション
君へよせた想いごと染まっていく

ずっとどこかに置き忘れて来た
優しく甘い匂いに包まれて気付くよ

守る腕さえ今は頼りなく
やるせない笑顔で強くなりたいって神様に誓うけど
もしいつか君が涙する夜は
たとえどんな事があっても駆けよって抱きしめるから
ぎゅっと・・・

どうしても伝えたい事があるんだ
だからあとホンの少しだけこの場所でこのままでいよう

夏の終わりに僕は恋をして
飾らない笑顔で笑う魔法の虜になる
巡る季節の中で今君に出会えたこの奇跡を
できることなら永遠のものにしたくて


[PR]
by midatree | 2010-09-06 08:54 | Music

ハンドマイクは意外に珍しいのです

今年の2月にとあるイベントに呼ばれ、
ピアニストのたかちゃんと「薫音」をコラボレーションしました。

この日は写真家トミナガマイちゃんのスライドショーも加わり、
非常に優雅な演出になったのを覚えています。

その時の映像をたかちゃんが自身のブログにて紹介してくれてました。http://musika.exblog.jp/

先日のMさんのPV制作もそうですが、
こうやっていろんな方々に「薫音」という曲が愛されてると実感し、本当に有り難くおもっています。

珍しくハンドマイクで歌ってるというのも必見(笑?)の
映像をよかったらご覧ください。

*個人的に最後のフレーズでハモってくれてるお子さんの声が可愛らしくて好きです 笑


[PR]
by midatree | 2010-06-18 08:36 | Music

紙と鉛筆



もう去年の事になりますが、
大鶴裕紀のライブにゲスト出演した際に歌った「紙と鉛筆」という曲です。

動画のサイズが大きくて編集できずにいたんですが、
新しいmacとQuicktimeだとわりかし簡単にできました◎

技術の進歩は素晴らしい。

「いろどり月の夜」ではこの曲をゲストのTRIO ROSSOさんとコラボします。

楽しみです。

ではでは、よかったら聞いてください。


「紙と鉛筆」

幼い君を腕に抱えて散歩しよう
まだ少し寝ぼけた昼下がりやわらかな陽射し

あてもなくどこに向かうでもなく歩いてると
踊るようにそよぐ稲穂みつけ足を止めた

それはまるで風の中で聞こえてくるような
「全てを信じてお行きなさい」と

テーブルの上の紙と鉛筆に何を描こう?
テーマは僕らの未来?それとも過去への慈しみ

あぁ、ただただ無性に愛おしさだけが溢れてくるんだ
だけどそれと同じくらい切なさが胸を突くのは何故

今は僕がいずれは君が運んでいくのさ
全てを抱きしめありのままに・・・

胸にあふれる想いこれは愛情
君と奏でる音これも愛情

それはやがて風をあつめて

ゆれてゆれてゆれて・・・
[PR]
by midatree | 2010-06-17 08:25 | Music

お城=男性、桜=女性

「薫音」という曲は本当にいろんな人に愛されてるんだなぁ、と感じます。

今回非常にありがたい事に、日頃お世話になってるMさんが「薫音」のイメージPVを制作してくれたのでご紹介させて頂きます。

この曲の歌詞は、そのまま捉えれば「誰かが誰かを想う」という表現になるかと思いますが、Mさん曰く「お城=男性、桜=女性」というイメージで制作されたそうです。

なるほど、薫音にはこういうイメージも潜んでいるんだなぁ、とまさに目から鱗。

今後この歌を歌っていくにあたって、
また一つ表現の深みが出てきそうです。

Mさん本当にありがとうございました。



Mさんブログ→http://blog.goo.ne.jp/41tm52/c/f40c0ca2adaef65da320b4256304a318
[PR]
by midatree | 2010-06-13 09:53 | Music

松本かつひろとThe Yes!man Band

昨夜は20時から23時までバンドメンバーとのリハーサル、その後0時から深夜3時まで弦楽四重奏とのリハーサルでした。

帰宅したのは今朝の7時過ぎ。
そっからちょっと寝て、先ほど起床。

ほどよい疲労感の残るなかこの日記を書いてます。

ともかく、昨夜はいろんな意味でホッとしました。
そして、さらなる自信と確信を得ることができました。

きっと最高の夜になる、って。

考えたらここ何年とバンドで音を出してなかったし、そういった意味でスタジオに入るのも久しぶり。

メンバーは気心のしれる最高のキャラ揃い(笑)とはわかっていながらも、
「どんな音になるんだろう」という一抹の不安みたいなものは正直ありました。

そんな中始まったリハーサル最初の1曲目、最初の1音が出た瞬間にそんな不安はものの見事に吹き飛ばされます。

「これは!いい!!」と無条件に体が反応し、弾き語りとはまた違う、音楽の力、魅力に思いの丈を乗せて、気づけばあっというまに3時間が過ぎさっていきました。

その余韻を残したままその後は弦楽四重奏とのリハーサルのため西新へ移動。(ちなみにバンドリハーサルは警固でした)

四重奏のメンバーはバイオリンの弾君をのぞいては初対面なのでちょっとドキドキしつつもリハーサル場所である弾君宅へ。

先ず最初にいい意味で裏切られた!と思ったのは、今回の弦楽四重奏のメンバー、みんな男の子だったのです 笑

僕は何故か勝手に女の子をイメージしてたんですね、なぜだか。

まー、でもある意味やりやすいやん、ってな感じでそのままリハーサル開始。

これまた音を出した瞬間に「これはヤバい!」となってしまいます。そんなゴージャスなサウンドで歌うのは始めてやから、ある意味じゃ当たり前なのかもしれませんが。

これが全員そろったら一体どんなサウンドになるんだろう。。。
いい意味で想像できないし、今はしたくない、そんな感覚にかられました。

文面でこれ以上伝えるのも難しいし、少々クドくもなるので(笑)あとは本番で、当日の会場で、この思いを皆さんにも感じてもらえたらと思います。

でも、やっぱりバンドっていいな、って感じてしまいました。

今回の「いろどり月の夜」を経て、また新しい音楽イメージが湧きそうです。

メンバーのみんな、本当にありがとう。

頑張ります。
c0151756_14495345.jpg

[PR]
by midatree | 2010-06-12 14:49 | Music

バチが飛んでこないように

今度の「いろどり月の夜」のサポートミュージシャンのメンバーは、
昔からの顔なじみだったり、今回初対面の人もいたりと様々。

なんにせよ、このメンバーが全員一同を介して音を出すのは始めてのことなので、色々と準備やコンセンサスをとる必要があったりする訳です。

先ずもって最初に必要なのはやっぱり「譜面」でしょうか。

なんといっても今回は弦楽四重奏までいる訳ですから、
「みなさん、全曲暗譜(譜面内容を覚える事)でお願いしますー」なんて横柄な事を言える勇気は僕にはありません 笑

なので必然的に譜面を用意しなければいけない訳ですが、
正直僕は譜面を書く事に慣れていません。てか、ほとんど書いた事がありません。

だって、いつも誰かが書いてくれてたからー。

書いてくれてたからー。

と、心苦しさに二回言ってみましたが。

とにかく、そんな訳で昨日はとある協力者を得て、バタバタと譜面を作成しておりました。

で、何時間かの格闘の末、なんとか完成。
Oさん、Mちゃん、本当にありがとうございました◎

しかしこうして改めて自分の楽曲を紙面上で確認すると、なんだか不思議な感じがします。

これを機に譜面の勉強をしてみよう。

・・・今更ですが。

こうやって皆さんの協力のもと作り上げている「いろどり月の夜」

いい夜にしないとバチが飛んでくるでしょうね。
c0151756_9445383.jpg

[PR]
by midatree | 2010-06-11 09:45 | Music

Incognitoを歌いましょう

来月6月某日、
お世話になったミュージシャンの先輩の結婚式で歌わせて頂く事となった。

何気によく色んな方々から、結婚式で歌って欲しいとのご依頼を頂いていて、
本当に有り難くもあり、ライブとはまた違った緊張感がいい経験になっている。

なんと言っても一生に一度きりの事だから、歌に込める想いも一入(ひとしお)、なんとか喜んでもらう為に最善を尽くさねば。

だいたいは僕が一人で弾き語ったりするケースがほとんどなんだけど、
今回はちょっと違っていて。

がっつりホーンセクションバンドに混じって歌う事となりそうです。

選曲は、今なお世界に君臨するアシッドジャズバンドの最高峰「Incognito-インコグニート-」のナンバーを数曲。

久々に熟聴してみるも、やはりこのソウルなフレーバーがかなり難しい。これを僕がどう歌い上げるか。

ちょっとの緊張感と、かなりのワクワク感がいい感じで交錯している。

練習します。



[PR]
by midatree | 2010-05-31 10:00 | Music

野花

こないだ自転車をこいでて、ふと思う。

「あ〜、人間って片一方でうまくいかない事があるから、もう片一方でうまくいくようにしようと努力するんだなぁ」と。

その時、自分自身に思い当たるフシがあったからそう思ったのであるけど、
やっぱりそういう事ってあるとおもう。

全てのバランスをとろうとしたら、やっぱりうまくはいかないみたいだ。

たまにはのんびり気楽にやっていこう。


[PR]
by midatree | 2010-05-21 07:47 | Music

コンタクトツール

c0151756_859201.jpg


昨日はほぼ1日、家に籠って「いろどり月の夜」のチケット制作、A6フライヤー(表/裏)制作をしてました。

前回の日記に告知したポスターもバタバタと僕が制作したんですが、おかげ様で方々(ほうぼう)から好評を頂いてて嬉しいです。頑張って作ったかいがあったというものです。

今回の「いろどり月の夜 vol.8」は本っ当に沢山の人に聴いて欲しいから、とにかくその想いを乗せて制作しました。

そういった意味で、一番最初のお客さんとのコンタクトツールがフライヤーだとすれば、尚更気合いが入る!という訳です。

「とりあえずあればいい、作っとけばいい」じゃ、
そんな気持ちが紙面には現れます。

やっぱりデザインというお仕事も音楽と一緒。
気持ちが正直に現れるんですね。

日々、まだ諸々の準備等に追われてる現状ですが、ちゃんと形にしていきます。

チケットのご予約もおかげ様で順調ですが、まだまだ好評受付中です!

今回の「いろどり月の夜」は、久々のフルバンド演奏、弦楽四重奏とのコラボレーションなどなど、本当に見所/聴き所満載となってますので、皆さん是非とも遊びにいらしてくださいね◎

お待ちしています!


◯2010年6月27日(日)
いろどり月の夜 vol.8 with カイランFirst Anniversary
「いざ、新章へ。」
会場:restaurant and cafe 浪漫座(佐賀市歴史民俗館 旧古賀銀行内) 佐賀県佐賀市柳町2−9
時間:開場17時30分/開演18時
料金:前売3.000円/当日3.500円(共に1ドリンク付き)
ゲスト:TRIO ROSSO(Fukuoka)

ご予約・お問い合わせ:0952-24-4883(浪漫座 9:00〜17:00) /info@katsu-hiro.com /
[PR]
by midatree | 2010-05-20 08:59 | Live

塩が足りんかったす

c0151756_8323755.jpg
c0151756_8324742.jpg
c0151756_8325656.jpg


昨日はヴァイオリニスト「弾くん」宅にてリハーサルをしてきました。

弾くんは今回の「いろどり月の夜」の弦楽四重奏のキーマンでもあり、ゲストとして迎える「TRIO ROSSO」のメンバーでもあり、なんだか妙に「ウマが合う」ミュージシャン仲間でもあります。

もっともリハーサルといいつつ、内容的には、5割がトーク、3割がパスタ材料のお買い物&試食会、2割が実質リハーサル、ってな感じだったでしょうか。。。

ちょいちょい日記にも小出ししてきた僕の中途半端なパスタを、満を持して弾くんにふるまったんですが。

やはり中途半端でした。く、くっそー。
塩が足りんかった。塩が。

その分、リハーサルの歌にココロを込めましたけども。はい。

おかげ様で少しずつ「いろどり月の夜」のイメージが固まってきました。

よか夜になる。

確信しています。

バッチリ塩もきかせます 笑

さぁ、やるぞぉ!!!
[PR]
by midatree | 2010-05-18 08:34 | Music